周産期死亡率

(サイエンス)
しゅうさんきしぼうりつ

日本の厚生統計に用いる用語の1つ。1年間の1000出産に対する周産期死亡(妊娠満22週以後の死産と早期新生児死亡の合計)の比率のこと。出産数には死産も含まれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ