四象

四象

(一般)
ししょう

易経や陰陽思想の用語の一つ。
無極太極を生ず、太極が陰陽に分かれて両儀を生ず、両儀が老陽・少陽・少陰・老陰に分かれて四象を生ず、四象が乾・兌・艮・離・坎・坤・震・巽に分かれて八卦を生ず。


「老陽」と「老陰」は「太陽」「太陰」と書くこともある。
少陽は老陽に変わり、老陽は少陰に変わり、少陰は老陰に変わり、老陰は少陽に変わる。
四季になぞらえれば、少陽は春、老陽は夏、少陰は秋、老陰は冬になる。

関連語

新着ブログ: 四象