地団研

(サイエンス)
ちだんけん

地学団体研究会の略称。

地学団体研究会とは、地学の研究者や愛好者による学術団体。1947年創設。
各地域で小中高校の教員などを中心にした「団体研究」を旺盛に行ってきた。

団体研究グループのコンセプトには「参加者全員が,討論して決めたテーマをもとに,互いの専門性を生かして,”もの”にもとづいて観察・討論しあい,調査・研究の途中で一人の参加者が新しく発見したどんな事実や新しく発想したどんな問題についても全員で討論し,必要があれば全員で研究することによって,一人あるいは個人の集合では得られない,高い質の研究をおこなおう,というもの」があり、草の根からの「研究」を、全員参加の合議をもって行う姿勢が基本にある。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/agcj/danken.html

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ