増渕竜義

(スポーツ)
ますぶちたつよし

プロ野球選手(投手)。
184cm/79kg 右投げ右打ち。1988年5月3日、埼玉・草加市生まれ。

小4から野球を始める。栄中では1年時に関東大会8強、3年時に県8強。
浦和学院などの誘いを断り鷲宮進学。
1年春からベンチ入り。同年秋からエース。春の関東大会3年連続連続出場。

2006年のドラフトで西武との競合でヤクルトに入団。背番号63は昭和63年生まれから来たとされている。
2008年に背番号22が与えられるなど期待の大きい選手である。

女手一つで育ててくれた母は、ヤクルトの販売員(ヤクルトレディー)として働きながら増渕を育てた。増渕自身、インタビューでは母への感謝の気持ちを口にしている。東京ヤクルトからの指名を受け、「運命を感じる」とも語っており、プロ入り前からヤクルトと縁のある選手である。

経歴

年度 所属チーム 背番号 備考
2004-2006 鷲宮高校 - 甲子園出場なし。
2007-2014 東京ヤクルトスワローズ 63→22 2006年高校生ドラフト1巡目。
2014- 北海道日本ハムファイターズ 今浪隆博とのトレード

リスト::野球選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ