外核

(サイエンス)
がいかく

地球の内部構造のうち、内側から二番目の層。深さ2900-5100キロメートルに位置する。
鉄などの金属が液体の形で存在しており、この部分が対流することによって地磁気が生じる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ