大文字の他者

(一般)
おおもじのたしゃ

精神分析者ラカンの用語。
自我のイメージ、想像界の住人として捉えられる他者ではなく、象徴界の領域に存する本質的な他者、具体的な誰でもない他者のこと。具体的な他者である、小文字の他者=l'autreに対して、l'Autreと大文字で表現されることから大文字の他者と呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ