大目付

(一般)
おおめつけ

江戸時代の幕府の役職の1つ。大名や高家、朝廷を監視する役割を担っていた。また、諸藩にも大目付に類する役割の役職が置かれることがあり、藩内を監視する役割を担っていた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ