大饗料理

大饗料理

()
だいきょうりょうり

日本の平安時代の貴族の社交の中で生まれた宴会で食された料理の1つ。長屋王邸出土木簡などから、奈良時代には既に貴族社会で接待料理が成立したと推測されているがその具体的な形式は不詳である。それが発達した物が「延喜式」に出てくる「神饌」と思われている。春日大社の「神饌」や、談山神社の「百味御食」などにその形式を残していると考えられている。

新着ブログ: 大饗料理