妻木広忠

妻木広忠

(社会)
つまきひろただ

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。明智光秀の家臣。
山崎の戦いで明智光秀が敗れたことを知ると逃走し、近江の西教寺で自刃した。