妻木晩田遺跡

(一般)
むきばんだいせき

国内最大級の弥生集落遺跡。所在地は鳥取県西伯郡大山町大字富岡・妻木・長田から米子市淀江町福岡。

1995年から1998年にかけて、ゴルフ場建設計画に伴い、大山町と淀江町の教育委員会により発掘調査が行われ、全国的な保存運動も展開された結果、1999年11月19日に国史跡に指定され、鳥取県によって保存・整備がはかられている。景観が素晴らしく、大山山系から続く丘陵(通称「晩田山」)上に位置し、美保湾(日本海)を一望できる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ