始皇帝暗殺

(映画)
しこうていあんさつ

『始皇帝暗殺』(しこうていあんさつ、原題:荊軻刺秦王)は、中国・日本・フランスの合作、1998年制作

秦の始皇帝暗殺未遂事件にまつわるエピソードを、始皇帝と暗殺者、始皇帝の幼なじみの3人の愛憎劇を絡めながら描き上げてゆく。チェン・カイコー監督が贈る壮大な歴史ドラマ。


〜あらすじ〜

舞台は紀元前3世紀の中国戦国時代末期。
この頃中国では6つの国が占拠していた。
そのうちの1つ秦の王・政は「中国は1つであるべき」という理想を掲げて、天下統一をしようとしている。
彼の幼馴染の女性(コン・リー)は政を愛していたため、彼に協力しようとする。
それは燕の国へいって偽の政暗殺計画を仕組むこと。
そこで彼女は荊軻という元暗殺者と出会う。
彼はすでにその裏家業から足を洗っていた。
時間が経つにつれ恋仲になっていく二人。

その頃秦では政の実父発覚問題や、側近の裏切りなど様々な問題に出くわしていた。
これらが原因で天下統一の固い決心までもが揺らいだ政。

そんな時燕の国の荊軻が使者として面会に来る。
その場で短刀を振りかざしてきた荊軻に呆然とする政だったが、何とか助かった。
しかしそのあと荊軻と恋仲になった幼馴染の女性がそこに。
彼女は荊軻の子供を身ごもっていたのだった…

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ