宋文洲

(一般)
そうぶんしゅう

中国から日本の大学院へ国費留学生として来日し、日本のソフトウェア企業に就職するも、その企業は3ヶ月で倒産。
それならと自分が大学で作った土木計算ソフトを販売しはじめたら、大ヒット商品に成長。
これで数億の資産を作ったそうだが、それにおごらずあっさりそのソフトを他社に売却し、ソフトブレーン社を設立。
普段から疑問に思っていた無駄の多い日本の営業などホワイトカラーの生産性改善を目的としたソフトウェアとコンサルテーションの分野に乗り込み、同社を東証マザーズ上場、そして東証1部企業へ育てた。
外国籍ながら創設から上場まで経験した稀有な経営者。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ