宗尊親王

(一般)
むねたかしんのう

仁治3年(1242年)11月23日生まれ、文永11年(1274年)7月30日没。
鎌倉幕府第6代将軍。後嵯峨天皇の第1皇子。母は平棟子。
建長4年(1252年)、藤原頼嗣が廃された跡を受け、将軍に就任。鎌倉幕府初の皇族将軍。
文永3年(1266年)、将軍位を廃され京に戻される。後継将軍には皇子の惟康親王が就任。
和歌に優れ、『初心愚草』などの歌集を編纂した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ