宮内省

(一般)
くないしょう

宮廷内の事務を司る官庁。
日本史では二度、律令時代と明治時代に設置されている。

古代の宮内省

八省(二官八省)の一。宮中の衣食住その他の実務を担当した。

明治の宮内省

明治2年(1869年)設置。皇室関係の事務を管理*1。太政官の一省。内閣制度の発足(1885年)以降は内閣に属さない独立した組織となった。
トップは宮内卿→宮内大臣(1885年以降)。
敗戦後に組織縮小が行われ、1947年に宮内府となり、さらに1949年に現在の宮内庁に改称された。

*1:皇族や華族も範囲内

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ