宮号

宮号

(一般)
みやごう
  1. 神宮から、皇室とゆかりのある神社の称号。寺院だと院号。
  2. 皇族の尊称。古典、時代小説でよく用いられる。
  3. 世襲親王家、宮家の当主の称号。宮号にはカバネ(姓)はつかず*1、従って宮家は賜姓皇族ではない。

リスト:二文字キーワード

*1:平安時代以降は朝臣ばかりになってしまったため省略されることが多いので見落とされる。

新着ブログ: 宮号