宮谷一彦

(マンガ)
みややかずひこ

1960年代後半から1970年代前半にかけて、カリスマ的な人気を博した漫画家。
数々の先進的なマンガ技法を用いつつ、「前衛と娯楽の橋渡しという、石森章太郎と同じような役割を果たした」(夏目房之介・『BSマンガ夜話〜肉弾時代』)。
はっぴいえんどのアルバム『風街ろまん』のジャケット内イラストを描いたりもしている。
しかし、時代の変化とともに、一線から退いていった。

おもな作品

リスト::漫画家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ