導きの星

導きの星

(読書)
みちびきのほし

小川一水作のSF小説 角川春樹事務所刊 ハルキ文庫ヌーヴェルSFシリーズ
地球外生命の観察と文明の発達を支援する「外文明支援省」所属の若き〈外文明観察官〉辻本司を主人公に、彼の観察対象である惑星オセアノの2種族のETIスワリスとヒキュリジの発展と、オセアノを含む外文明に対する陰謀を描く。
平たく言えば、シヴィライゼーション小説陰謀入り。

新着ブログ: 導きの星