小倉宮

小倉宮

(社会)
おぐらのみや

日本の室町時代に存在した宮家の1つ。南朝の系統に属する宮家で、始祖は後亀山天皇の子、実名は同時代史料によると恒敦とされている。
室町時代の皇位継承や幕府の政権闘争に翻弄されたりした後に断絶した。

新着ブログ: 小倉宮