小笠原長時

小笠原長時

(一般)
おがさわらながとき

戦国時代の武将。信濃守護。子に貞慶ほか。
林城(松本市)で生まれる。
1548年に武田信玄に塩尻峠の戦いで大敗を喫し勢力を失った。

三男貞慶が徳川家康に仕えたため子孫は小倉藩主になった(譜代大名)。

新着ブログ: 小笠原長時