尚書省

尚書省

(一般)
しょうしょしょう

中国で後漢代から元代まで存在した省。唐の三省六部体制の下で中書省門下省の取り決めた事を六部に伝える役割を果たした。前漢代には尚書は少府(皇帝の私的財産を扱う部署)に属し、上奏を取り扱う役職であった。皇帝に対し何らかの上奏を行いたいと思う者は正副二つの上表書を尚書に提出し、尚書は副の方を閲覧し、それが良くないと思えばこれを皇帝には上奏しないということが出来た。つまり上奏を皇帝に見せるか否かは尚書が決定するということであり、そのため絶大な権限を誇った。

新着ブログ: 尚書省