山崎裕之

(スポーツ)
やまざきひろゆき

60〜80年代のプロ野球選手。
右投右打、ポジションは遊撃手→二塁手。背番号は2番。

1946年12月22日生まれ。埼玉県出身。
上尾高校時代、堅実な守備には定評があり「長嶋二世」と呼ばれる。
1965年、東京オリオンズに入団。

当時はドラフト制度が無かったため各球団で競合となり、翌年のドラフト制度成立のきっかけとなる。

1年目より一軍に定着。
1967年、遊撃手として定着。

ロッテオリオンズとなった1969年、二塁手に転向。

1974年、日本一に大きく貢献。1977年には半期優勝に貢献した。
1970年代のオリオンズを支えた。

1979年、古賀正明倉持明との2対2の交換トレードで、成重春生と共に西武ライオンズに移籍。

1983年、自己最高の82打点をあげリーグ優勝、ライオンズの黄金時代に貢献した。同年、2000本安打達成。

1984年、現役引退。文化放送・テレビ埼玉の野球解説者となる。

2001年、東尾修監督の後任監督として名前が挙がる。


現在は文化放送・日刊ゲンダイの野球解説者。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ