Hatena Blog Tags

山県昌景

(社会)
やまがたまさかげ

戦国武将。甲斐武田家臣。1529年〜1575年。
右兵衛尉。飯富虎昌の弟。武田家四臣。武田二十四将。
旧名の飯富源四郎のころに武田信玄に仕え、侍大将として活躍。
武田義信の謀反に連座した虎昌の自害後、その配下を引き継ぎ、さらに名跡の山県を継いで山県昌景と名を改める。以後、譜代家臣グループの中核として、「赤備え*1」と呼ばれる部隊を率いて活躍。
信玄の死後は武田勝頼に仕える。長篠の合戦で戦死。

*1:配下の軍装を赤で統一した

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ