岸朝子

()
きしあさこ

岸朝子(1923年11月22日 - 2015年9月22日)は、日本の料理記者、食生活ジャーナリストである。
東京都出身。女子栄養学園(現在の女子栄養大学)卒業。
東京大学農学部勤務後、21歳で結婚し、1947年から夫婦で千葉県でカキの養殖業を手がける。
その後、出産を経て、1953年に養殖業を廃業して東京へ移住。
1955年に主婦の友社へ入社し、4人の子どもを育てながら料理記者としてスタートを切る。
その後女子栄養大学出版部に移り、1968年から雑誌『栄養と料理』の編集長を10年間務める。
この時期、食べ歩きや食器の楽しみ方など新しい企画を次々と出し『栄養と料理』の販売部数を2倍にした。
料理記者時代には、様々な料理人からの取材の結果から、料理のレシピで使われる大さじ・小さじなどの分量の規定を考案した。
1979年に編集プロダクションの株式会社エディターズを設立して独立。料理・栄養に関する雑誌・書籍を多数出版。
1993年から6年間、フジテレビ系列の人気番組『料理の鉄人』に審査員としてレギュラー出演。「料理記者歴40年」が肩書きだった。試食の際の「おいしゅうございます」という表現がブームとなる。
晩年も全国の料理店などを精力的に取材し、雑誌などに記事を掲載。若い世代の食生活に危機感を持ち、講演で食の大切さを訴えていた。
2015年9月22日、心不全のため死去、91歳没。

主な著作

岸朝子のおいしいお取寄せ

岸朝子のおいしいお取寄せ

岸朝子のおいしい長寿のお取寄せ

岸朝子のおいしい長寿のお取寄せ

このまま100歳までおいしゅうございます

このまま100歳までおいしゅうございます

amazon:岸朝子

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ