川上貞奴

川上貞奴

(一般)
かわかみさだやっこ

(1871–1946)

東京。日本橋生まれ。芸者出身だった貞は、明治時代、伊藤博文など政界と深く関わったのち、女優に。日本で初めてとなった。
明治時代の戯作者・川上音二郎と結婚し、結婚後、ヨーロッパに渡り、「マダム貞奴」としての名声をはせる。昭和の時代になると、女優業をやめて、各界との交流を断った。
のちに、貞奴をモデルにしたドラマがNHKで放映され、松坂慶子が、貞奴を演じた。

このキーワードは編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

新着ブログ: 川上貞奴