川崎平右衛門

川崎平右衛門

(一般)
かわさきへいえもん

川崎平右衛門は、徳川吉宗治世のころ、原野だった小金原(現東京都小金井市)に栗を植え農民を救うとともに将軍吉宗に栗を献上し、その功績を認められて武蔵野台地の新田開発を任され、玉川上水改修のおりに小金井橋付近の両岸に山桜を植えた、小金井の栗と小金井桜の創始者である。

新着ブログ: 川崎平右衛門