平井正

平井正

(一般)
ひらいただし

1929年~
東大独逸文学科卒業
大学教授
独逸文学者
独逸文化の研究、紹介を行い、
様々な書籍の翻訳等を手がける。


代表作として
1913年から1932年までの独逸を多角的に描いた『ダダ/ナチ』三部作
新書として親しみ易くも、的確に人物像を浮かび上がらせる『ゲッペルス』等がある。
主な訳書
『カリガリからヒットラーまで』クラカウアー

ネットの話題: 平井正

人気

新着

新着ブログ: 平井正