弩級

(一般)
どきゅう

ド級とも書く。

そもそもの発端は英国戦艦ドレッドノート。
ドレッドノートが日本に紹介された時、省略と漢字書き換えが行われ、弩号戦艦として記された。
そして、このドレッドノートがそれまでの戦艦に比べると、あまりにも強力であるとされたため、従来の戦艦よりも強力であるドレッドノートと同等の戦闘力を有する戦艦の事を「弩級戦艦」と称した。よって、弩級戦艦は戦艦ドレッドノートから以後の、11〜12インチクラスの主砲を10門前後搭載している戦艦全ての事を示す。

その後、ドレッドノートが型破りの戦艦であったことが転じて、戦艦に限らず、特別に大きいものや、強力なもの、型破りのものに対する形容詞として使われるようにもなった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ