弱い相互作用

(サイエンス)
よわいそうごさよう

旧名は「弱い力」
素粒子物理学的に言う四つの相互作用(四つの力)の一つ。名前の通り、非常に弱い力である。四つの力の中で最も日常感覚となじみの薄い現象。
媒介するゲージ粒子はウィークボソン(W粒子とZ粒子)で、ゲージ粒子のくせに質量を持っている。そのため到達距離は非常に短い。
主にベータ崩壊(原子核がベータ線を出して崩壊、別の種類の原子核に化ける現象)を引き起こす力として知られている。

関連

リスト::物理関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ