循環取引

循環取引

(一般)
じゅんかんとりひき

複数の当事者が互いに通謀し、商品の転売や業務委託などの相互発注を繰り返したり、時には伝票のみの取引を繰り返したりして、帳簿上の売上高を水増しして計上する取引手法のこと指す。

ネットの話題: 循環取引

人気

新着