戦闘攻撃機

(一般)
せんとうこうげきき

戦闘機と攻撃機を兼ねる航空機。戦闘爆撃機ともほぼ同義。自衛隊の用語では「支援戦闘機」。

戦闘機として開発されながらも攻撃能力が高い場合があることや、戦闘機に攻撃任務を負わせる場合が少なくないことから「戦闘攻撃機」という用語が定着した。

戦闘機と攻撃機を同一の機体に統合したものとしてF/A-18ホーネットが有名であるが、より以前から戦闘機には攻撃能力が重視されており、今後もよりいっそう、戦闘機には多用途性が重視される傾向にある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ