戦隊司令官

(読書)
せんたいしれいかん

少数の大型艦、もしくは、複数の小型艦のグループ*1を統括する指揮官。
指揮する部隊の種類に応じて、航空戦隊司令官、水雷戦隊司令官、潜水戦隊司令官などとなる。階級はおおむね少将〜中将
艦隊司令長官等の下に配置される。

*1:駆逐隊、潜水隊、海防隊など

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

松井最高指揮官「おまえたちは、せっかく皇威を輝かしたのに、一部の兵の暴行によって、一挙にして、皇威を墜してしまった。何たることを、おまえたちは、してくれたのか。皇軍として、あるまじきことではないか。おまえたちは、今日より以後は、あくまで軍規を厳正に、絶対に無辜の民を虐げてはならぬ。それが、また戦病没者への供養となるであろう」 松本重春『上海時代(下)─ジャーナリストの回想─』より 1937.12.18(1975)

日中和平工作の渦中で 松井最高指揮官の訓戒 …翌十八日朝、南京に着いた。「同盟」の従軍記者が、あらゆる苦労をしてきたのに、私らの場合は、当時の情況からみれば全くの大名旅行であって、相済まんと思った。着く前に、今日は陸海軍の合同慰霊祭があると深堀中佐が知らせてくれたので、「ぜひ特別に参列させてもらいたい」と申し込んだ。松井最高指揮官の顔も見たかったからであった。 まず「同盟」の南京支局を訪れたが、一両日中に再開というので、「同盟」の従軍記者たちが臨時に中山路のある空家を占拠していたので、そこを訪ね、同僚たちを労おうとしたが、居合せたのは連絡員だけで、記者やカメラマンの多くは、取材のため、八方飛び…

ObladiOblakoの資料室-11 日前