戸川猪佐武

戸川猪佐武

(一般)
とがわいさむ

政治評論家。著作『小説吉田学校』で知られ、後に映画化される。
その映画の試写会の帰りに急性心不全で急逝。
当時の週刊誌上で、腹上死であったというゴシップも流れた。