扶桑略記

(読書)
ふそうりゃくき

日本の平安時代に書かれた私撰歴史書。比叡山功徳院の僧である皇円が編纂したとされている。全30巻から成る歴史書だが、今日大半が現存していない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ