文室宮田麻呂

文室宮田麻呂

(社会)
ふんやのみやたまろ

日本の平安時代初期の官人。備前守三諸大原の六男。位階は従五位上。
843年(承和10年)に謀反の罪により伊豆国へ配流されたが、死後、無実であることがわかり、863年(貞観5年)に神泉苑の御霊会で慰霊されている。

新着ブログ: 文室宮田麻呂