新井将敬

(一般)
あらいしょうけい

1948-1998 政治家
昭和23年1月、大阪府北区曾根崎で在日朝鮮人の家庭に生まれる(朝鮮名、朴景在)。
昭和41年に朝鮮籍から日本国に帰化。東京大学経済学部卒業後、一時新日本製鐵に勤務後、大蔵省に入り。昭和56年渡辺美智雄が大蔵大臣に就任すると、その秘書官に抜擢。
昭和58年大蔵省を退官し衆議院議員総選挙に東京2区から自民党公認で初出馬。柿沢弘治、太田誠一らと自由党を結成し自民党を離党。その後、新進党に合流するが、離党し、自民党に復党した。
平成10年2月19日、東京都品川のホテルで自殺。
かつては石原慎太郎の秘書が逮捕された事件である黒シール事件の被害者であった。
著書
『エロチックな政治―生きるため死ぬための言葉』ISBN:4838705018
『「平成の乱」を起こせ―信頼回復の原点はこれだ』ISBN:4396610467

新井将敬についての本
河信基『代議士の自決──新井将敬の真実』 ISBN:4380992330

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ