新大宮バイパス

(地理)
しんおおみやばいぱす

新大宮バイパスは、東京都練馬区北町3丁目*1から埼玉県さいたま市北区吉野町1丁目に至る、延長23,220mの道路。
国道17号の混雑緩和を図るために計画され、1962年着工。
以来33年の歳月をかけて整備を進め、1995年2月に全線開通。
埼玉県内は全線6 車線、東京都内は6車線及び暫定2車線で供用している。このうち板橋区からさいたま市の与野JCT間は、新大宮バイパスと併行して首都高速道路が高架構造の4車線で供用している。

構造規格

自動車専用部 一般部(埼玉) 一般部(東京)
区分 第2種1級 第4種1級 第4種1級
設計速度 80km/h 60km/h 60km/h
幅員 19.45m 42.5m(笹目〜宮前)
28.5m(宮前〜吉野町)
36.0m(北町〜赤塚)
42.5m(赤塚〜笹目)
車線数 4車線 6車線 4車線(一部6車線)
事業化年度 1990年度
都市計画決定 1989年12月22日 1989年12月22日 1965年6月7日
供用状況 1998年5月18日 1979年4月2日 1995年2月28日*2

*1:国道254号との交差点

*2:一部暫定2車線供用

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ