新見沼大橋

(地理)
しんみぬまおおはし

新見沼大橋(しんみぬまおおはし)とは、埼玉県さいたま市緑区芝原から、同区内の大崎地区までに至る橋。
埼玉県道路公社が管理する、国道463号線の有料道路である。

全長1.4kmのうち約1.1kmが新見沼大橋で構成されており、
さいたま市東部に広がる見沼田圃(見沼代用水東縁・西縁とその中間に流れる芝川)を渡る。
国道463号旧道(越谷街道)の混雑緩和、東北自動車道浦和インターチェンジ、埼玉スタジアム2002へのアクセス道路としての役割を持っている。
さいたま市街や越谷方面への近道として利用されることが多い。

通行料金
乗用車 150円
大型車I 250円
大型車II 560円
軽自動車等 100円
軽車両等(自転車) 20円

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ