日本短角種

(動植物)
にほんたんかくしゅ

牛の品種の1つ。肉専用種である。旧南部藩内にいた従来種に、アメリカから輸入したショートホーンを岩手県で交雑したのが祖とされ、その後、北海道で更にショートホーン、デイリーショートホーン、デボン、エアシャー各種が交雑され、1936年に青森でショートホーンを輸入し交配した。1943年に東北地方北部で県別に標準体型が作られ、褐毛東北種と称したが、また標準体型が統一され、1957年に日本短角種と命名された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ