日韓トンネル

(地理)
にっかんとんねる

日本の九州から壱岐島、対馬を経て韓国の釜山にトンネルを建設する計画の日本側の名称。費用対効果の面で実現性が低いと言われている。

統一協会がプッシュしている。

構想自体は、満州鉄道東京支社が起点を下関に設けたことから*1

関連団体

  • 日韓海底トンネル推進議員連盟
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ