明智秀満

(社会)
あけちひでみつ

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は明智左馬助
明智光秀の家臣で、山崎の戦いの敗報を聞いて近江坂本城で自害した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ