有馬頼寧

(一般)
ありまよりやす

農相、農林政務次官、大政翼賛会事務総長、東大助教授、中央競馬会理事長

  • 旧久留米藩主有馬家の嫡子として東京に生まれる。
  • 東京帝大農科卒業後、農商務省に入省、農村各地を視察。のち東大農科講師、助教授。
  • 日本農民組合創設や部落解放運動の支援などに尽力。
  • 衆議院議員に当選、政友会に入党するも、授爵後、貴族院議員(研究会所属)となる。
  • 斉藤内閣の農林政務次官、第一次近衛内閣の農相を歴任。
  • また、近衛側近として新体制運動を推進。大政翼賛会初代事務総長となったが翌年辞任。
  • 戦後、A級戦犯として収容されたが不起訴。
  • 日本中央競馬会理事長。「有馬記念」競走はその名にちなむ。
  • 孫の一人が亀井久興。亀井亜紀子はひ孫に相当する。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ