朱文

(アート)
しゅぶん

篆刻の印を彫る時の分類のひとつ。
字の周りを彫って字そのものを残すと、印泥の朱が字について押したときに、字が朱色になって写るもの。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ