東京港臨海道路

東京港臨海道路

(地理)
とうきょうこうりんかいどうろ

日本の東京都大田区城南島と東京都江東区若洲を結ぶ道路。港湾法に基づく臨港道路である。
第一期事業(1993年 - 2002年)と第二期事業(2002年 - 2011年)に分かれ、2012年2月12日、東京ゲートブリッジの開通により全通した。
道路諸元は以下の通り。

区間 城南島 - 若洲
距離 8.0km
車線数 往復6車線(橋梁部:往復4車線)
設計速度 60km/h(橋梁部:50km/h)
道路区分 第4種1級(道路構造令)

第一期事業

城南島 - 中央防波堤外側埋立地間3.4kmを結び、2002年4月に開通。
臨海トンネル(3.1km)が その大部分を占める。

第二期事業

中央防波堤外側埋立地 - 若洲間4.6kmを結び、2012年2月に開通。
東京ゲートブリッジ(2,618m)が半分以上を占める。