栗林慧

(アート)
くりばやしさとし

1939年、瀋陽生まれ。昆虫写真家。
3歳のときに父の故郷である長崎県の田平に移る。陸上自衛隊、保険会社勤務を経て、1969年より写真家として独立。独自に開発したカメラで、アリをはじめさまざまな昆虫を撮影する。2000年、自作のビデオカメラで撮影したオリジナル動画作品『草間の宇宙』で内閣総理大臣賞を受賞。2006年、科学写真のノーベル賞といわれるレナート・ニルソン賞を日本人で初めて受賞。ほかにも受賞多数。
著書に『アリになったカメラマン』(講談社)、『栗林慧全仕事』(学研)、『源氏蛍』(ネイチャー・ブックス)、『昆虫の飛翔』(平凡社)、『The MOMENT』(日経サイエンス社)など多数。
関連語 リスト::写真家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ