死兆星

(マンガ)
しちょうせい

漫画「北斗の拳」で、北斗七星の傍らに輝くといわれている蒼い星。
この星が見えると、その人の死期が近いという。

実際の「死兆星」

実は実際の北斗七星にも「死兆星」は存在する。
北斗七星のひしゃくの柄の部分から2番目にあるMizarは、肉眼で確認できる二重星で、隣にAlcorと呼ばれる星を従えている。従って、目の良い人ならば誰でも死兆星を見ることができる。別に見えたからといって死ぬことはないのである。
なお、古代アラビアでは、兵士の視力検査にAlcorが使われていたという。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ