水惑星年代記

(マンガ)
みずわくせいねんだいき

大石まさるの漫画。
ヤングキングアワーズ(少年画報社)で連載されていた連作短編シリーズ。
現在よりも多少未来、海面上昇がそれなりに進行して宇宙開発もそれなりに進展している世界での人々を叙情的に描く。
一応主人公は毎回交代しているが、何ヶ月かすると戻ってきたりもする。
SF的なギミックが多い回と少ない回があるが、いずれも主役は人間であり、彼ら彼女らの抱く夢とか悩みとか頑張りとかが丁寧に描かれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ