池田誠剛

池田誠剛

(スポーツ)
いけだせいごう

元サッカー選手。
池田伸康は実弟。

早稲田大学教育学部を卒業後、実業団の古河電気工業に所属したが、29歳でひざの十字靱帯(じんたい)を損傷し、選手生活にピリオドを打った。
現役時代に多くのけがに悩まされた経験から、サッカー選手の体調管理に関心を持つようになり、知人の紹介で1994年の米国ワールドカップ(W杯)でブラジル代表に同行、フィジカルコーチとしての道を本格的に歩き始めた。
95年にACミラン(イタリア)で研修を行った後、Jリーグのジェフユナイテッド市原や横浜F・マリノスなどでフィジカルコーチを務めた。
2012年ロンドンオリンピック、洪明甫監督率いるサッカー韓国代表のフィジカルコーチ務める。

リスト::サッカー選手::日本/あ行