津田恒実

(スポーツ)
つだつねみ

80年代のプロ野球、広島東洋カープの選手。本名「津田恒」。1985年より、現在の「津田恒」に登録名を変更した。
通称「炎のストッパー」、愛称「ツネゴン」
右投右打、ポジションは投手。背番号は15→14番。

1960年8月1日生まれ、1993年7月20日没(享年32歳)、山口県出身
南陽工業高校で1976年センバツに出場。
卒業後、協和発酵に進む。

  • 1982年、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。1年目より一軍で登板し、先発投手として11勝を挙げ、新人王に輝く。
  • 1985年、「恒実」に登録名を変更。クローザーに転向し活躍、躍動感あふれる投球スタイルから「炎のストッパー」と呼ばれていた。
  • 1986年、日本シリーズ第8戦で打たれ、日本一を逃すもMVPに輝く。
  • 1989年、最優秀救援投手に輝く。絶対的なクローザーとして1980年代カープの投手陣を支えた。また、原辰徳やランディ・バースとの名勝負は今も語り草となっている。
  • 1990年、頭痛などの体調不良を訴える
  • 1991年4月14日、読売ジャイアンツ戦に最後の登板と引退。直後に入院し、脳腫瘍の診断を受ける
  • 1993年7月20日、死去(享年32歳)
  • 2012年1月、野球殿堂表彰者に選ばれる http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/news/20120113-OYT1T00811.htm

広島市民球場には功績を称え、プレートが飾られている。
また、母校には顕彰碑が建てられた。
座右の銘であった「弱気は最大の敵」という言葉に励まされた日本人は数多いことだろう。

親友・森脇浩司

津田は1984年、バファローズより移籍してきた森脇浩司と出会う。同年齢の2人はいつしか信頼できる仲となっていた。移籍後も交流は続き、1991年に発病の際にも、試合が終わると毎日のように津田の看病を行っていた。
1992年、カープより戦力外として扱われた津田に、森脇は「復帰したらホークスに来い」と励ました。しかし、1993年にその願いも叶わぬまま逝去する。森脇は引退する1996年に、最後の仕事として津田の息子を福岡ドームの始球式に招待した。

最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)

最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)

もう一度、投げたかった―炎のストッパー津田恒美最後の闘い (幻冬舎文庫)

もう一度、投げたかった―炎のストッパー津田恒美最後の闘い (幻冬舎文庫)


リスト::野球選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ