海行かば

(音楽)
うみゆかば

日本の歌曲。詞は「万葉集」巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」の大伴家持が作った長歌から採られている。一般的に1937年(昭和12年)に作曲された信時潔のものが有名で大東亜戦争時には「第二国歌」とか「準国歌」とまで呼ばれていた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ