涼宮ハルヒの暴走

(読書)
すずみやはるひのぼうそう

谷川流の小説。「涼宮ハルヒ」シリーズの第5作。
角川スニーカー文庫より,2004年9月刊行。イラスト:いとうのいぢ。
ISBN:4044292051

夏休みに山ほど遊びイベントを設定しようとも、宿敵コンピ研が持ちかけてきた無理無茶無謀な対決に挑もうとも、ハルヒはそれが自身の暴走ゆえとはこれっぽっちも思っていないことは明白だが、いくらなんでもSOS団全員が雪山で遭難している状況を暴走とは言わずしてなんと言おう。こんなときに頼りになる長門が熱で倒れちまって、SOS団発足以来、最大の危機なんじゃないのか、これ!?
出版社の紹介文より

収録内容

涼宮ハルヒの消失 → 涼宮ハルヒの暴走 → 涼宮ハルヒの動揺

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ